MENU
spトップのロゴ

12th Hole

The Course

コースのご案内

  • オール
  • ヤーデージ全体表
コース1
  • 高低1
  • ヤーデージ1
    • コース写真1

      打ち上げのパー4。ティーショットで、右はOB。左は林、入れれば出すだけになる。フェアウェーウッドでセンターキープも良い。ロングヒッターなら右サイドを狙う。セカンドショットは打ち上げ。1クラブは上げる。

コース2
  • 高低2
  • ヤーデージ2
    • コース写真2

    左ドックレッグのトリッキーなパー4。左右OB。正面の広いエリアまで約210ヤード。距離に自信がなければやや左に打つ。ショットは上りとなるため、メイングリーンではひっかけに注意。サブグリーンでは傾斜がきついため、下につけたい。

コース3
  • 高低3
  • ヤーデージ3
    • コース写真3

    ティーショットでは右がOB。左手前もOB。フェアウェーは見えにくいが、左にも広いので、右のOBを避け、やや左を狙う。セカンドショット落下地点は広いがセンターキープを心がける。左右はトラブル。

コース4
  • 高低4
  • ヤーデージ4
    • コース写真4

    左ドッグレッグ。アウトで最も長いパー4。打ち下ろして打ち上げる。右はOB。ロングヒッターなら左の林越えもできるが、見えている範囲に打つのが無難。距離に自信がないなら、センターキープ3オン1パットを目指す。

コース5
  • 高低4
  • ヤーデージ5
    • コース写真5

    奥はOB。メイングリーンはティーより約5M上がっている。打ち上げと風の向きに注意して番手を決める。サブグリーンのときは、グリーン右サイドを狙う。広くて安全。左にひっかけて下に落とすと大トラブルもある。

コース6
  • 高低6
  • ヤーデージ6
    • コース写真6

    ストレートなパー4。ティーショットの落ちどころが見えないため、前の組に打ち込まないように注意。フェアウェーは広い。センター狙い。セカンドショットでメイングリーンを安全に狙うなら、グリーン左手前。

コース7
  • 高低7
  • ヤーデージ7
    • コース写真7

    ハンディキャップ1のパー5。晴れていれば、山口宇部の工業地帯が見える。ティーショット落下地点は広い。右はOB。セカンドショット地点のライは、わずかに左足下がり。セカンドで長いクラブを持つと、落ちどころは左右を絞られた狭いエリアになる。挑戦するか、自信のあるクラブでセンターに刻むかを決めて打つ。

コース8
  • 高低8
  • ヤーデージ8
    • コース写真8

    グリーンの後ろに水平線が広がる、周防灘の名物ホール。メイングリーンではグリーンのすぐ後ろに海があるように映るが奥は意外に広い。右OBに注意。サブグリーンでは左に落とすとトラブル、OBもある。

コース9
  • 高低9
  • ヤーデージ9
    • コース写真9

    緩やかな左ドックレッグのホール。右はOB。ティーショットの狙いはバンカー右サイド方向。

コース10
  • 高低10
  • ヤーデージ10
    • コース写真10

    左はOB。ティーショットでショートカットをしたくなるが、フェアウェー右サイドを狙うのが無難。セカンドショット落下位置は広いがセンターキープを心がける。

コース11
  • 高低11
  • ヤーデージ11
    • コース写真11

    奥と左はOB。約10Mの打ち下ろし。見た目ほどの打ち下ろしではない。クラブの番手は水平距離から1クラブ落としくらい。

コース12
  • 高低12
  • ヤーデージ12
    • コース写真12

    インコースで最も長いパー4。ティーが池の横にある場合、ティーからグリーンまで約26Mの打ち上げ。ティーショットはフェアウェーやや右サイドを狙う。左はOB。

コース13
  • 高低13
  • ヤーデージ13
    • コース写真13

    打ち上げのストレートホール。左はOB。セカンドショットは番手を上げる。

コース14
  • 高低14
  • ヤーデージ14
    • コース写真14

    ティーショットがカギとなるホール。距離がないので、番手を落としてでも曲げないこと。左はOB。右に曲げても出すだけとなる。メイングリーンはバンカーにガードされている。サブグリーンはフラットで、曲がりそうで曲がらない。

コース15
  • 高低15
  • ヤーデージ15
    • コース写真15

    距離のない打ち下ろしのパー5。バーディーを取りたい。右はOB。左は木が邪魔になってしまいやすい。無理をしなければパーは取りやすい。

コース16
  • 高低16
  • ヤーデージ16
    • コース写真16

    幅の狭いパー4。左はOB。右は林。ティーショットをホール幅に収められるかどうかがカギ。フェアウェーウッドも良い。

コース17
  • 高低17
  • ヤーデージ17
    • コース写真17

    約20Mの打ち下ろし。左右OB。打ち下ろしでも意外に距離がある。1番手落としぐらい。また、谷風が吹き抜けるので、風向きにも注意して番手を決める。

コース18
  • 高低18
  • ヤーデージ18
    • コース写真18

    ストレートなパー4。ティーショットの落ちどころが見えないため、前の組に打ち込まないように注意。フェアウェーは広く、セカンド地点からは周防灘が一望できる。ティーショットはセンター狙い。

  • オール
  • ヤーデージ全体表
コース1
  • 高低1
  • ヤーデージ1
    • コース写真1

      打ち上げのパー4。ティーショットで、右はOB。左は林、入れれば出すだけになる。フェアウェーウッドでセンターキープも良い。ロングヒッターなら右サイドを狙う。セカンドショットは打ち上げ。1クラブは上げる。

コース2
  • 高低2
  • ヤーデージ2
    • コース写真2

    左ドックレッグのトリッキーなパー4。左右OB。正面の広いエリアまで約210ヤード。距離に自信がなければやや左に打つ。ショットは上りとなるため、メイングリーンではひっかけに注意。サブグリーンでは傾斜がきついため、下につけたい。

コース3
  • 高低3
  • ヤーデージ3
    • コース写真3

    ティーショットでは右がOB。左手前もOB。フェアウェーは見えにくいが、左にも広いので、右のOBを避け、やや左を狙う。セカンドショット落下地点は広いがセンターキープを心がける。左右はトラブル。

コース4
  • 高低4
  • ヤーデージ4
    • コース写真4

    左ドッグレッグ。アウトで最も長いパー4。打ち下ろして打ち上げる。右はOB。ロングヒッターなら左の林越えもできるが、見えている範囲に打つのが無難。距離に自信がないなら、センターキープ3オン1パットを目指す。

コース5
  • 高低4
  • ヤーデージ5
    • コース写真5

    奥はOB。メイングリーンはティーより約5M上がっている。打ち上げと風の向きに注意して番手を決める。サブグリーンのときは、グリーン右サイドを狙う。広くて安全。左にひっかけて下に落とすと大トラブルもある。

コース6
  • 高低6
  • ヤーデージ6
    • コース写真6

    ストレートなパー4。ティーショットの落ちどころが見えないため、前の組に打ち込まないように注意。フェアウェーは広い。センター狙い。セカンドショットでメイングリーンを安全に狙うなら、グリーン左手前。

コース7
  • 高低7
  • ヤーデージ7
    • コース写真7

    ハンディキャップ1のパー5。晴れていれば、山口宇部の工業地帯が見える。ティーショット落下地点は広い。右はOB。セカンドショット地点のライは、わずかに左足下がり。セカンドで長いクラブを持つと、落ちどころは左右を絞られた狭いエリアになる。挑戦するか、自信のあるクラブでセンターに刻むかを決めて打つ。

コース8
  • 高低8
  • ヤーデージ8
    • コース写真8

    グリーンの後ろに水平線が広がる、周防灘の名物ホール。メイングリーンではグリーンのすぐ後ろに海があるように映るが奥は意外に広い。右OBに注意。サブグリーンでは左に落とすとトラブル、OBもある。

コース9
  • 高低9
  • ヤーデージ9
    • コース写真9

    緩やかな左ドックレッグのホール。右はOB。ティーショットの狙いはバンカー右サイド方向。

コース10
  • 高低10
  • ヤーデージ10
    • コース写真10

    左はOB。ティーショットでショートカットをしたくなるが、フェアウェー右サイドを狙うのが無難。セカンドショット落下位置は広いがセンターキープを心がける。

コース11
  • 高低11
  • ヤーデージ11
    • コース写真11

    奥と左はOB。約10Mの打ち下ろし。見た目ほどの打ち下ろしではない。クラブの番手は水平距離から1クラブ落としくらい。

コース12
  • 高低12
  • ヤーデージ12
    • コース写真12

    インコースで最も長いパー4。ティーが池の横にある場合、ティーからグリーンまで約26Mの打ち上げ。ティーショットはフェアウェーやや右サイドを狙う。左はOB。

コース13
  • 高低13
  • ヤーデージ13
    • コース写真13

    打ち上げのストレートホール。左はOB。セカンドショットは番手を上げる。

コース14
  • 高低14
  • ヤーデージ14
    • コース写真14

    ティーショットがカギとなるホール。距離がないので、番手を落としてでも曲げないこと。左はOB。右に曲げても出すだけとなる。メイングリーンはバンカーにガードされている。サブグリーンはフラットで、曲がりそうで曲がらない。

コース15
  • 高低15
  • ヤーデージ15
    • コース写真15

    距離のない打ち下ろしのパー5。バーディーを取りたい。右はOB。左は木が邪魔になってしまいやすい。無理をしなければパーは取りやすい。

コース16
  • 高低16
  • ヤーデージ16
    • コース写真16

    幅の狭いパー4。左はOB。右は林。ティーショットをホール幅に収められるかどうかがカギ。フェアウェーウッドも良い。

コース17
  • 高低17
  • ヤーデージ17
    • コース写真17

    約20Mの打ち下ろし。左右OB。打ち下ろしでも意外に距離がある。1番手落としぐらい。また、谷風が吹き抜けるので、風向きにも注意して番手を決める。

コース18
  • 高低18
  • ヤーデージ18
    • コース写真18

    ストレートなパー4。ティーショットの落ちどころが見えないため、前の組に打ち込まないように注意。フェアウェーは広く、セカンド地点からは周防灘が一望できる。ティーショットはセンター狙い。